ようこそ 岩手県平泉町で住宅、社寺建築などの設計監理をしている建築設計事務所です。まちづくりにも関わっています。

耐震診断・補強

耐震診断&耐震補強の薦め

住宅の耐震診断をしましょう

  岩手県と平泉町では、昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の耐震診断を推進しています。
  私達木造住宅耐震診断士による耐震診断を受け、地震に備えましょう。
  リフォームを計画している場合、これにあわせ診断することを強くお勧めします。

対象となる住宅

  以下に該当する住宅です。

   1.昭和56年5月31日以前建設した木造住宅
   2.一戸建ての住宅(店舗併用住宅、併用住宅も可)
   3.在来工法の木造住宅

耐震診断・耐震補強の手順

  1. 平泉町に耐震診断の申込みをします。
  2. 町より耐震診断士(建築士会に委託)を派遣し、一般耐震診断 を行います。
    費用は3000円です。27000円は岩手県と平泉町が負担します。
  3. 調査後診断結果が届けられます。その結果、総合評点が1.0未満の建物は、倒壊の可能性が高い建物となります。耐震補強を希望される方で、補助を受けたい場合は事前申込を行います。その後精密耐震診断を依頼します。
  4. 精密耐震診断と耐震補強設計を行ないます。

耐震補強工事に対する補助金

  総合評点が1.0未満の住宅で耐震性を向上させるための耐震補強工事を行う場合、
  補強費用の一部が補助されます。(補助額上限60万円、市町村により若干の差あります)

耐震補強工事とは?

  • 壁を増やす工事、壁を筋交いや構造用合板で補強する工事
  • 柱・梁の接合部を金物で補強する工事
  • 基礎補強工事 などです

      耐震補強 
       リフォーム工事に合わせ耐震補強をした事例

精密耐震診断とは?費用は?

診断方法には3種類あります。

  1. 「誰でもできるわが家の耐震診断」:一般ユーザー向け
  2. 「一般診断法」:建築士および建築関係者向け
    耐震補強等の必要性の判定を目的としたもので、非破壊調査で目視や図面により判断します。
  3. 「精密診断法」:建築士向け
    一般診断より詳細な調査を行い、補強の必要性の最終的な診断を行うことを目的とした診断です。耐震補強設計を行う場合、一般診断より精密診断のほうがより正確なものになります。一般的には耐震補強工事個所も少なくなり、工事費削減になります。従って補強工事を行う場合は、精密耐震診断法による方がベターです。(一般診断でも可とするところもありますが、上記のような問題点があります)

費用について
  費用は大きく分類し3項目に分けられます。
  建物の規模、難易度によっても異なりますが、おおよその費用は下記の通りです。

  1. 精密診断調査費
    これはより詳細な調査の費用です。10万円前後(一般診断費用が3万円です)です。
  2. 耐震補強設計費
    調査結果に基づく耐震補強の設計費です。20万円前後です。
  3. 工事監理費
    設計どうり工事が行われているか工事を監理する費用です。工事中補強しようとした所に柱がない、構造的に一体となっていない等想定と異なっている場合が良くあります。その場合、再度耐震補強設計(再計算)を行います。数回行うことも珍しくありません。そのような費用で20万円前後です。

 以上おおざっぱな費用を書きましたが、設計事務所、依頼の仕方により費用は異なります。工務店などに依頼すると3の工事監理費はサービスしてくれる場合もあります。ただしその場合、適切な工事を行っているかは不明です。手抜きされても分かりません。
設計監理料は、仕事の対価として安心出来る住まいが得られるならば決して高くない金額と思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional