ようこそ 岩手県平泉町で住宅、社寺建築などの設計監理をしている建築設計事務所です。まちづくりにも関わっています。

パッシブデザイン 

パッシブデザイン

小野寺設計室の家造りのデザイン
  [check] 空間デザイン
  [check] ライフデザイン
  [check] パッシブデザイン 

自然エネルギーを最大限活用したデザイン

  • 自然のエネルギーを機械の力に頼ることなく利用するシステムをパッシブシステムといいます。自然を利用した省エネにつながります。
  • 「パッシブデザイン」とは、太陽や風など自然のもつ力を可能な限り活かして、暮らしを快適にする考え方と方法をいいます。従って設計をするには、熱や空気の流れの仕組みを理解する必要があります。
  • まず建築しようとする地域の気候を知るところからはじまります。家づくりにも様々な工法があります。伝統的住まいには多くの先人達の知恵と工夫がされており、多くのことを学ぶことができます。先人の知恵と自然のチカラを取り入れた住まい造りを目指しています。

「昔の無名の建築家達は、一時的な流行や気分にまどわされることなく、時間を超えて原理に基づいた建築を造り上げた。これらは経済的かつ実用的な建築であって、決して気まぐれなものではなかった。
私達は最新の科学技術のような自然に逆らった人工的な手段が、便利で役立つことを知っている。しかしこれらは多くの利益をもたらすけれども、真の意味では役に立っていないのである。

画像の説明

最近の主要な資源やエネルギー源の不足は、私達に実用性こそが、現在の建築にとって不可欠なものであることを認識させてくれた。その意味で、民家は私達に多くのことをおしえてくれる」
(J・Sテイラー著「世界の建築に学ぶ知恵と工夫」後藤久訳、彰国社より)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional